徒然なるママに

アクセスカウンタ

zoom RSS 死にぞこないの青

<<   作成日時 : 2009/03/05 10:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


内容

飼育係になりたいがために嘘をついてしまったマサオは、大好きだった羽田先生から嫌われてしまう。先生は、他の誰かが宿題を忘れてきたり授業中騒いでいても、全部マサオのせいにするようになった。クラスメイトまでもがマサオいじめに興じるある日、彼の前に「死にぞこない」の男の子が現われた。書き下ろし長編小説。著者は、78年福岡生まれ。今後の日本ホラー小説界の将来を担う書き手として注目を集めている。


前回、「暗い所で待ち合わせ」がおもしろかったので

おなじ乙一さんの作品を読んでみました。

いじめられっこの話なので、読み始めはなぜか嫌な重苦しい

気持ちにさせられます。

読み進んでいくうちに、奇妙な「あお」という男の子が現れます。

いじめられっこ「まさお」は、次第に変わっていくのですが

奇妙な「あお」はいったい何なのか?

変わっていますが、おもしろかったです。

一見ホラーじみていますが、現代の学校や、子どもの事、親の事

よく考えられているように思います。

主人公は、前回の作品でもそうでしたが、

周りとの関わり方があまり上手でなく、表現が下手で

どちらかというと暗いイメージの人物ですが、

自問自答しながらその殻を割って成長していく物語のように思います。

私もそうですが、心の中には、言い訳する自分、こんなんじゃダメだと反省する自分、よくやったとほめる自分

いろんな自分が存在しています。

本を読みながら、自分自身についても考えさせられる作品でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
そうですね。もりもりさんもそうであるように、自分の中にはんな自分が同居しているのを自覚出来ますね。
心理学の時間の時に無記名で自分は一体どんな自分なのか分る限り白紙に書きなさいと言う設問がありました。思春期で多感な時でしたので心の奥深くを覗き込んで書き連ねた事を今でも覚えていますよ^^。
肯定する自分と否定する自分が居ました♪
乙 一さんは若手のホラー作家なのですね。
のろばあさん
2009/03/05 22:00
おはよ〜〜ございます。
暗い所で待ち合わせに続き乙一さんの作品ですが、すごく惹かれるものが沢山ある作品なんですね。
自問自答することは度々ですが、成長できる事はいい事ですが、立ち止まる事も・・・なにかヒントになる事が見いだせればいいなぁ〜
サマンサ
2009/03/08 08:31
本を一冊、ゆっくり読むのがなかなか出来ないのですが、うちの高校生くんが読書に目覚めて、「遅刻する!車で送ってと」大騒ぎ、ばたんとドアを閉めると30分単行本をとりだして読書をはじめる。こんな時期は、いいなって、思いますが、親父はたいへんなんだぞ、横目でちらちら、スポーツに勉強に、始発バス、忙しい生活に学校での出来事、いろんな場面を潜り抜けいきているのでしょうぬ !、小説のテーマも、今の時代なんですね、言い訳する自分、ほめてあげる自分がいつもいるのですね。
大きな森の小さなギャラリー
2009/03/16 08:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
死にぞこないの青 徒然なるママに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる